ロータリークラブとは


about club

“ ロータリーが私たちにとって
何を意味するにせよ、
世界は、その活動成果によって
ロータリーを知るのです。”

“ ロータリーが私たちにとって
何を意味するにせよ、
世界は、その活動成果によって
ロータリーを知るのです。”

ポール・ハリス ロータリー創設者

ロータリーは、一人のアメリカ人のビジョンによって始まりました。その人の名は、ポール・ハリス。シカゴで弁護士として働いていたハリスが、世界初のロータリークラブ(シカゴ・ロータリークラブ)を設立したのは、1905年2月23日。さまざまな分野の職業人が集まって知恵を寄せ合い、生涯にわたる友情を培うことのできる場をつくることが、ハリスの夢でした。

設立以来、ロータリーは徐々に人道的奉仕にも活動を広げ、今ではさまざまな職業や文化をもつロータリー会員が日々、さまざまな課題を解決するために草の根の活動や国際的な取り組みを行っています。

クラブ認証状

クラブバナー

クラブバナー

中長期ビジョン

四つの誓い

forth oath

私たち座間ロータリークラブは50年の栄えある歴史と伝統を堅持しながら
惜しみない努力で地域社会と共生し、時代を牽引します。
そしてロータリアンは弛まぬ自己研鑽と四つのテストを原理・原則とし、
公正な取引を通して自分自身の持続的な成長を通じて
地域の先駆者として人の縁を繋ぎ、能動的な社会の実現を目指します。

私たち座間ロータリークラブは50年の栄えある歴史と伝統を堅持しながら惜しみない努力で地域社会と共生し、時代を牽引します。
そしてロータリアンは弛まぬ自己研鑽と四つのテストを原理・原則とし、公正な取引を通して自分自身の持続的な成長を通じて地域の先駆者として人の縁を繋ぎ、能動的な社会の実現を目指します。

RCZビジョン『・・・次代の先駆者である事』

RCZビジョン
『・・・次代の先駆者である事』

1.会員として…

新しい多くの会員を迎え、50名を目安として「共に育つ」という考えのもと奉仕活動への熱い情熱を抱き、クラブの存在に誇りを持ち、座間クラブに対する愛に満ち溢れ、互いに未来への希望を生み出し続けます。

2.ロータリークラブとして…

社会のリーダーとしての見識、品位、および寛容の精神を持った人材がロータリー精神の源泉である親睦と職業奉仕を基本に集い、互いに切磋琢磨し成長する中で世界の平和と人々の幸福のために人道的奉仕活動を続け、他のロータリークラブや外部団体の規範となる団体を目指します。

3.クラブの基盤構築として…

座間ロータリークラブの基盤を作り上げるために会員相互が親睦を通して連携を図り、役割を励行し、前向きな変化を遂げ、今日私たちが直面する様々な課題に勇気と希望、そして創造性をもって正面から立ち向かい解決する意欲を引き出す事で更なる盤石なクラブの確立を目指します。

4.地域の一員として…

会員の経験を通じて時代の変化の前兆をいち早く感じ、5大奉仕をする中で地域の課題を考察し、山積する課題を先取りして解決に導きロータリーの持つ価値観を行動に移して地域のより良い変化を促す事で地域から頼られ必要とされるクラブを目指します。

ロータリーの目的

ロータリーの目的は、意義ある事業の基礎として奉仕の理念を奨励し、これを育むことにある。具体的には、次の各項を奨励することにある。

第1

知り合いを広めることによって奉仕の機会とすること。

第2

職業上の高い倫理基準を保ち、役立つ仕事はすべて価値あるものと認識し、社会に奉仕する機会としてロータリアン各自の職業を高潔なものとすること。

第3

ロータリアン一人一人が、個人として、また事業及び社会生活において、日々、奉仕の理念を実践すること。

第4

奉仕の理念で結ばれた職業人が、世界的ネットワークを通じて、国際理解、親善、平和を推進すること。

四つのテスト
言行はこれらに照らしてから

1. 真実かどうか

2. みんなに公平か

3. 好意と友情を深めるか

4. みんなのためになるかどうか

1. 真実かどうか

2. みんなに公平か

3. 好意と友情を深めるか

4. みんなのためになるかどうか

沿革


history

設立及び沿革

設 立1970(昭和45)年04月16日
RI認証1970(昭和45)年05月05日
伝達式1970(昭和45)年05月09日
スポンサークラブ大和ロータリークラブ
特別代表白石 順一郎
ガバナー上野   泰
チャーターメンバー29名
例会日毎週水曜日 12:30-13:30
例会場鈴鹿明神社 参集殿
事務所座間市座間2-2887-2
区域限界神奈川県座間市行政区域

奉仕活動のあゆみ


volunteer history

座間ロータリークラブが行ってきた数々の奉仕プロジェクト(1970-2021)「奉仕のあゆみ」はPDFドキュメントにて公開しております。

理事役員


board member

2022-2023年度 理事役員一覧表

役職氏名
会長樋⽥  ⼀徳
会長エレクト佐藤 京⼦
副会長磯部 芳彦
直前会長⽮部 雅⽂
幹事佐藤 昌太郎
奉仕プロジェクト⼤⽮ 成⾏
会員増強・会員維持鏑⽊ 重治
クラブ運営管理⽇野原 征夫
公共イメージ⼭⽥ 和彦
財団溝渕 信⼀

役員

役職氏名
会長樋⽥ ⼀徳
会長エレクト佐藤 京⼦
副会長磯部 芳彦
幹事佐藤 昌太郎
副幹事前⾥ 秀樹
SAA鈴⽊ 義隆
会計古⽊ 普総

2022-2023年度 理事役員一覧表

委員会理事・委員長副委員長委員
会員増強・会員維持鏑⽊ 重治会員増強
窪 彬久
磯部 芳彦
養⽥ 秀⼀
公共イメージ⼭⽥ 和彦鈴⽊ 義隆⾼原 和享
芥川 薫
丸⼭ 秀⼀郎
古⽊ 普総
クラブ運営管理⽇野原 征夫会員維持
親睦活動
渡 潤
プログラム
樋⽥ ⼀徳
会員維持 親睦活動
佐藤 京⼦
⼭⽥ 和彦
熊⾕ 肇
井上 祐城
細野 若菜
⽚野 ⼸⼦
松下 貴幾
プログラム
佐藤 昌太郎
奉仕プロジェクト⼤⽮ 成⾏前⾥ 秀樹古⽊ 章祐
⽮部 雅⽂
須藤 真⾏
服部 敬吾
美濃⼝ 集
財団・⽶⼭奨学溝渕 信⼀今井 均江成 陽⼀
委員会理事
委員長
副委員長委員
会員増強
会員維持
鏑⽊重治会員増強
窪彬久
磯部芳彦
養⽥秀⼀
公共イメージ⼭⽥和彦鈴⽊義隆⾼原和享
芥川薫
丸⼭秀⼀郎
古⽊普総
クラブ
運営管理
⽇野原征夫会員維持
親睦活動
渡潤
プログラム
樋⽥⼀徳
会員維持
親睦活動
佐藤京⼦
⼭⽥和彦
熊⾕肇
井上祐城
細野若菜
⽚野⼸⼦
松下貴幾
プログラム
佐藤昌太郎
奉仕
プロジェクト
⼤⽮成⾏前⾥秀樹古⽊章祐
⽮部雅⽂
須藤真⾏
服部敬吾
美濃⼝集
財団
⽶⼭奨学
溝渕信⼀今井均江成陽⼀
地域協力事業・行政出向名役職出向者
座間市に緑を育てる市民の会委員樋田 一徳
座間市国際交流会委員樋田 一徳
座間市原水爆禁止協議会委員大矢 成行
座間市交通安全対策協議会委員矢部 雅文
座間市観光協会委員大矢 成行
座間市大凧保存会委員窪 彬久
座間市社会福祉協議会評議員溝渕 信一
座間市安心安全まちづくり推進協議会委員樋田 一徳
座間市ふるさとまつり実行委員会委員佐藤 京⼦
防衛協会青年部 互助会委員佐藤 昌太郎
社会福祉法人 足跡の会 委員会委員佐藤 昌太郎
大和法人会 賛助会委員佐藤 昌太郎

地域協力事業・行政出向委員

地区委員会出向委員

委員会役職氏名
地区米山委員会 米山奨学委員会委員長今井 均
地区クラブ管理運営委員会委員⼭⽥ 和彦
地区会員増強維持拡大委員会委員鈴木 義隆
地区職業奉仕委員会委員矢部 雅文

RotaryDay実行委員会(第6グループホストクラブ)

役職氏名役職氏名
実行委員長大矢 成行会長今井 均
副実行委員長山田 和彦幹事溝渕 信一
役職氏名役職氏名
実行委員長会長
副実行委員長幹事

座間ロータリークラブの概要


about zama rotary club

会務報告


meeting report

幹事 佐藤 昌太郎 / 副幹事 前⾥ 秀樹 (2022年06月01日 現在)

(1)設立及び沿革
設 立1970(昭和45)年04月16日
RI認証1970(昭和45)年05月05日
伝達式1970(昭和45)年05月09日
スポンサークラブ大和ロータリークラブ
特別代表白石 順一郎
ガバナー上野 泰
チャーターメンバー29名
例会日毎週水曜日 12:30-13:30
例会場鈴鹿明神社 参集殿
事務所座間市座間2-2887-2
区域限界神奈川県座間市行政区域
(2)会員の種類
正会員数30名
(3)会員状況
(イ)会員年齢構成30代 3名 40代 10名 50代 9名
60代 4名 70代 03名 80代 1名
平均年齢 53.4歳
(ロ)クラブ在籍年数1年未満     1名
1年以上   21名
10年以上  5名
20年以上  1名
30年以上  1名
40年以上  2名
(ハ)100%出席会員数30年 1名 古木 章祐
21年 1名 日野原 征夫
18年 1名 磯部 芳彦
16年 1名 大矢 成行
11年 2名 高原 和享・鈴木 義隆
10年 1名 江成 陽一
(6)総会
年次総会12月 
理事役員会毎月末例会終了後
例   会水曜日 12:30-13:30
又 時により変更することがある
国の定めた祝祭日は休会とする
委 員 会各委員会はその活動及び打ち合わせのため随時開催する
(8)クラブ協議会
 1. 地区協議会後
 2. 新年度初め
 3. 地区大会後
 4. ガバナー公式訪問2週間前
5. ガバナー公式訪問時
6. 1月中
7. 年度末
(9)ロータリー財団へ個人からのご寄付の認証 *()は回数
ベネファクター磯部 芳彦 (2)
溝渕 信一 (2)
江成 陽一 (1)
今井  均 (1)
矢部 雅文 (1)
マルチプル・ポール・ハリス・フェロー
(MPHF)
江成 陽⼀(PHF+1)
⼤⽮ 成⾏(PHF+1)
磯部 芳彦(PHF+2)
⽇野原 征夫(PHF+4)
⾼原 和享(PHF+4)
古⽊ 章祐(PHF+6)
ポール・ハリス・フェロー
(PHF)
今井 均
矢部 雅文
鈴木 義隆
樋田 ⼀徳
日野原 礼子
⽶⼭記念奨学会特別寄付⾦ 
準⽶⼭功労者鈴⽊ 義隆
樋⽥ ⼀徳
溝渕 信⼀
古⽊ 普総
⽶⼭功労者今井 均
⽮部 雅⽂
⽶⼭功労者マルチプル江成 陽⼀(2)
⼤⽮ 成⾏(2)
磯部 芳彦(3)
⽇野原 征夫(3)
古⽊ 章祐(5)
⾼原 和享(6)

幹事 佐藤 昌太郎 / 副幹事 前⾥ 秀樹
(2022年06月01日 現在)

(1)設立及び沿革
設 立1970(昭和45)年04月16日
RI認証1970(昭和45)年05月05日
伝達式1970(昭和45)年05月09日
スポンサークラブ大和ロータリークラブ
特別代表白石 順一郎
ガバナー上野 泰
チャーターメンバー29名
例会日毎週水曜日
12:30 - 13:30
例会場鈴鹿明神社 参集殿
事務所座間市座間2-2887-2
区域限界神奈川県座間市行政区域
(2)会員の種類
正会員数30名
(3)会員状況
(イ)会員年齢構成30代 3名 40代 10名
50代 9名 60代 4名
70代 3名 80代 1名
平均年齢 53.4歳
(ロ)クラブ在籍年数1年未満 1名
1年以上 21名
10年以上 5名
20年以上 1名
30年以上 1名
40年以上 2名
(ハ)100%出席会員数30年 1名 古木章祐
21年 1名 日野原征夫
18年 1名 磯部芳彦
16年 1名 大矢成行
11年 2名 高原和享
      鈴木義隆
10年 1名 江成陽一
(6)総会
年次総会12月 
理事役員会毎月末例会終了後
例   会水曜日 12:30 - 13:30
又、
時により変更することがある
国の定めた祝祭日は休会と
する
委 員 会各委員会はその活動及び打ち合わせのため随時開催する
(8)クラブ協議会
 1. 地区協議会後
 2. 新年度初め
 3. 地区大会後
 4. ガバナー公式訪問2週間前
5. ガバナー公式訪問時
6. 1月中
7. 年度末
(9)ロータリー財団へ個人からのご寄付の認証 *()は回数
ベネファクター磯部芳彦 (2)
溝渕信一 (2)
江成陽一 (1)
今井均 (1)
矢部雅文 (1)
マルチプル・ポール・ハリス・フェロー
(MPHF)
江成陽⼀(PHF+1)
⼤⽮成⾏(PHF+1)
磯部芳彦(PHF+2)
⽇野原征夫(PHF+4)
⾼原和享(PHF+4)
古⽊章祐(PHF+6)
ポール・ハリス・フェロー
(PHF)
今井均
矢部雅文
鈴木義隆
樋田⼀徳
日野原礼子
⽶⼭記念奨学会特別寄付⾦ 
準⽶⼭功労者鈴⽊義隆
樋⽥⼀徳
溝渕信⼀
古⽊普総
⽶⼭功労者今井均
⽮部雅⽂
⽶⼭功労者マルチプル江成陽⼀(2)
⼤⽮成⾏(2)
磯部芳彦(3)
⽇野原征夫(3)
古⽊章祐(5)
⾼原和享(6)

活動方針


policy
活動方針